このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

MAN WITH A MISSION:Gt & Vo. Jean-Ken Johnny interview
- SPECIAL -

MAN WITH A MISSION:Gt & Vo. Jean-Ken Johnny interview

6月8日(水)に1stフルアルバムを発売する謎のオオカミバンド、MAN WITH A MISSION。
実は彼らが初めてライブハウスに現れたのは、ここ渋谷eggmanだったのだ。
ひとかたならぬ縁のある両者の対談内容やいかに。

Interviewer:24.da(eggman/FROM YOUTH TO DEATH RECORDS代表)

24.da:今日はジョニーさんインタビューに来ていただいてありがとうございます。 しかし何でいきなり焼肉屋なんですか?

Jean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION 以下JKJ):乾杯ダゼメーン!焼肉大好物デース。肉ガナケレバ何モ始マリマセーン。

24.da:肉ありき?

JKJ:イエス!イエス!

24.da:去年の2月頃いきなりeggmanに現れたときは本当にビックリしたんですけど最近すごい活躍ぶりじゃないですか!

JKJ:オーウ!皆様ノオカゲデース。

24.da:いきなりライブやりたいってCD持ってきたのを覚えてますけど、なんでeggmanでやろう と思ったんですか?

JKJ:オーウ!渋谷エッグマン、昔カラ伝統ノアル素晴ラシイ箱ト日本人ノ皆様ニ聞イテマース。

24.da:なるほど。光栄です!ありがとうございます。最初はビビりながらも、MWAMの音楽が良 かったんでライブも見たいなと思ったんですけど、まさかライブでもあのままの風貌でやる とは思いませんでした。

JKJ:素顔デスカラ、コノママデス。当然デス。

24.da:最初は全然お客さんもいないように見えたんですが、最近では結構お客さんがついてきたみたいですね。

JKJ:ソウデスネ。最初ハ、興味本位デオオカミガライブヲヤッテルトポツポツ、オ客サンガ来テクレマシタガ、地道ナ日本侵略ニヨッテ最近デハ、ガウガウ仲間ガ増エテマース。

24.da:えっ?ちょっとそれまだ、生肉ですけど大丈夫ですか??

JKJ:ノーメーン。

24.da:いま結構日本的には、生肉がデリケートになってますけど大丈夫ですか?

JKJ:ノーノー!生肉上等ダゼメーン。

24.da:生?ビールは好きなんですか??

JKJ:イエス。ビールハ好キデス!デモ、テキーラアリマスカ?

24.da:テキーラはちょっとインタビュー終わってからにしてもらっても良いですか??

JKJ:オーウ。ジーザスメーン。

24.da:(笑) ほんと、こんなバンドがメジャーデビューなんて日本はどうかしてると思うんですけど。。。MWAMさんはリリースも決まっていろいろとプロモーションもしてるみたいですがどうなんですか?そこらへんは。

JKJ:プロモーションデスカ?昔ハデスネ、オー、アポナシデ勝手ニライブハウスニ挨拶シニ行ッテマシタガ、最近デハメディアノ方モ興味ヲ持ッテクレテイルミタイデ、オー、様々ナテレビジョンヤ、ラジオナド出サセテモラッテマース。

24.da:なるほど。人間としては悔しい部分もあるんですけどね。オオカミごときにその・・・

JKJ:オオカミゴトキ!?!?!? オーウ!ジーザスメーン。ワレワレハ究極ノ生命体デスヨ。

24.da:なんかその、まじめに頑張っているバンドがいるのになんでこんなふざけた人たちが・・・

JKJ:フザケテマセーンネ!!完全ニ真面目ナ行動ノ一環デース。

24.da: なるほど。それにしても飲みますね?

JKJ:イエス!コレガ116杯目デース。

24.da:今日はご馳走になっていいんですよね?

JKJ:オーウ。ノーメーン。社長サンニゴ馳走ナルッテ聞イタメーン。 ケーヒメーーン。経費!ケーヒ!

24.da:えっと、次の質問をさせてほしいんですけど・・・。 JAPAN MARKING TOURという、その名の通り日本中をマーキングして回るツアーの真っ最中みたいですが、ツアー先では何をしたいとかそういたことはありますか?

JKJ:オーウ。ヤハリ全国イロイロナ所ヲ回ラセテ頂キマスノデ、各地ノ美味シイオ肉ヲタイラゲタイト思ッテイマース。

24.da:そこも肉?

JKJ:イエス!当然デース。

24.da:音楽的なことではなく肉?

JKJ:ソウデス。肉アリキデスノデ。ハイ。

24.da:肉と音楽ではどっちが大事なんですか??

JKJ:オーウ。100パーセント、肉デスネ。 笑

24.da:こういうふざけたバンドよりももっと頑張ってるバンドがいるんですよ。ライブハウスの人間としては肉ありきっていうバンド自体がどうなのかなと思うのですが。。。

JKJ:ノーノー。ミンナ気ヅイテイマセンガ、肉ガナケレバ音楽モアリマセンデシタ。

24.da:なるほど。あっ!店員さんビールください。3つ!

JKJ:オーウ。117杯目デース。

24.da:次は、アルバムの話を聞こうと思うのですが、MAN WITH A MISSIONがMAN WITH A MISSIONというセルフタイトルのアルバムを 出すじゃないですか?なんとなく。

JKJ:イエス。エッ?ナントナク??咬ムゾコラ!

24.da:このアルバムに対しての意気込みはどうですか?

JKJ:6月8日、発売サセテ頂キマース。我々ノバンド名ト同ジ、セルフタイトル「MAN WITH A MISSION」コチラガ出マース。 ラウドロック、ヘヴィーロック、ミクスチャーロック、ダンスロックカラポップナナンバーマデ、様々ナ要素ヲ取リ入レタ、ファッキンアメイジングナアルバムニナッテマース。ソー、多種多様ナ側面ヲ持ツコノアルバムハ聞キゴタエ十分デスノデ、是非聞イテヤッテクダサイ。

24.da:このアルバムは、どんな人に聞いてほしいですか?

JKJ:ソウデスネ、老若男女ドナタデモ楽ノシメルアルバムニナッテイルノデ、コレヲ聞イテライブ会場デ、ミンナデガウガウシマショウ!

24.da:はい、ガウガウね。他に何かガウ残し、・・・いや、言い残した事はありますか?

JKJ:オーウ!!ソダッタネ!7月3日(日)ニツアーファイナルヲ渋谷eggmaデヤルノデス!!初ワンマンデス!ソノ時ハヨロシクネ!

24.da:はい。ありがとうございます! それではそろそろインタビューを終了させていただきます。 お会計はあちらのレジになりますので・・・マンウィズさんご馳走様でした!

JKJ:ジーザス!!!!!