このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

かりんちょ落書き interview
- SPECIAL -

かりんちょ落書き interview

― 音楽を始めたきっかけは?

中学生の頃、同じクラスになった友達が好きな曲を入れたCDを焼いてくれて、聴いてほしいって言われて。それまであんまり聴いたことがなかった海外のハードロックがいっぱい入っていたんです。それを聴いて「バンドかっこいい!」「音楽やりたい!」って思い始めた時に、その友達に一緒にバンドやらないかって誘われて始めたのがきっかけです。

― その頃から自分で曲を作り始めたんですか?

そうですね。バンドを始める前から自分にも作れるんじゃないかなって思っていたんですけど、当時はギターも弾けなかったのでボイスレコーダーに鼻歌で録音していました。バンドをやるようになって、初めて形になった時は嬉しかったです。ギターもその頃から少しずつ弾き始めました。

― それから本格的に音楽をやり始めたのは?

バンドを始めた中学2年生の頃、絶対に音楽で成功したいと思っていました。それまでは役者になりたかったんですが、どんどんバンドが楽しくなっていって。軽音部の中でも絶対に俺らが1番かっこいいって思っていましたね。

― どんな音楽のルーツがあるんですか?

福岡出身で、子供の頃から車で出かけることが多かったので、車の中で流れていたスピッツ、尾崎豊、GOING UNDER GROUNDが原点です。生活の中で当たり前にあった音楽が本当のルーツなんじゃないかなと思っていて、物心つく前から自分の中で血肉になっているような気がします。

― そんなGOING UNDER GROUNDとは去年2マンライブもしていましたよね!

去年年間企画をやらせてもらっていた時に、今までの思いを長文でお送りさせてもらって、実現する事が出来ました。信じられなかったです。本当に存在するのかも分からない、雲の上のような存在だったので、夢みたいな時間でしたね。

ー バンドではなくシンガーソングライターとして活動をすることへのこだわりはありますか?

バンドを始めた頃から自分で曲を作っていたし、これからも作っていきたいと思った時に、ソロとして活動していくのが、一番自分の思い描いたものを形に出来るんじゃないかなと思って。もちろんバンドをやりたいという気持ちもあるので、バンド編成でもライブはやっているんですが、自分が中心になって活動出来る形を常に取りたいという思いから、シンガーソングライターとして活動しています。

ー 最近は5人編成でのライブだったり、今回リリースの「マジックアワー」にも鍵盤が入っていたり、表現の幅も広がってきているように感じます。

この曲から、挑戦的に新しい要素を入れることをやっていて、ここから更に次のステップに行けたらと思っています。

ー 鍵盤を入れてみて、作曲の部分で大変だったことなどはありますか?

サポートメンバーにお願いする上で、自分のイメージしているものを伝えたいので、デモ音源を完全に作ってスタジオで合わせて、少しずつ足し算引き算していくという事をやっているんですが、鍵盤は自分で弾いて伝える事がまだ出来ないので、イメージを伝えるのに少し苦戦しました。

ー 「マジックアワー」はどのように出来た楽曲なんですか?

去年の夏頃には出来ていました。季節感を感じる曲をリリースしているバンドの投稿をSNSで見て「いいなー羨ましい!」と思って(笑) 対抗意識というか、「俺も負けてられん!」って感じで、夏の曲を作り始めたのがきっかけです。曲自体はそんなに夏っぽい感じでもないかなと思うんですが、歌詞には特に夏っぽさを盛り込みました。

ー 今までの楽曲でも夏の曲が多かった気がします。

そう、夏の曲が多いんですよ。夏が1番好きっていうのもあるし、自分が学生の時の記憶も夏のことが多くて。あと、夏に恋していたことが多かったので、 その時の記憶が曲を作る時に蘇ってきて。どうしても暑苦しい感じになっちゃいます(笑)

ー いいですね。青春を思い起こさせる感じや、ピュアな気持ちを思い出しました。

恥ずかしかったな、とか、ちょっと緊張したな、とか。うまくいかなかった恋とか、あの時の夏の恋は良かったな、とか。そういうのを思い出してくれたら1番嬉しいし、聴いてくれている人の現在でも過去でも、少しでもリンクできたらすごく嬉しいです。

― 今作も 「マジックアワー」と繰り返していたり、他の楽曲でも言葉を繰り返す歌詞が多いと思うのですが、何か意図があるんでしょうか?

その曲を象徴する言葉とか、その曲の中で伝えたいことは何回でも言いたい、それだけをとにかく伝えたいって思うことが多くて。繰り返すことでいろんな感情を持ってもらいたいし、そのワードを聞いたらその時の気持ちが蘇ったり、奮い立ったり、それを思い出させるきっかけにもなればいいなと思っています。繰り返していると、最初にそれを聞いた時と繰り返しで聞いた時の印象も少し変わるんですよね。セブンっていう外国映画で、最後に主人公が奥さんを殺されてしまって、犯人に拳銃を突きつけて泣くシーンがあって。その殺すのか殺さないのかの10秒ぐらい、 最初の涙と後半の涙で全く違った印象を受けて、ただ泣いているシーンだけど、いろんな感情があるなと思ったんです。歌詞をリフレインすることによって、最初に思った感情や、ぽっと出てきた感情、なんか切ないなとか、なんか熱いなっていう思いが、より膨らんだらかけがえのないものになるんじゃないかなと思います。あと、歌詞を考えるのってちょっと億劫なので、 もう出ないわってなることもあります(笑)

― ライブでも何度かやっているかと思いますが、反応はいかがでしたか?

ギターの伊藤君にも歌ってもらったり、コーラスワークも重厚にしたので、 今までと違う曲が出来たねっていう反応が多かったです。去年出来てまだリリース出来ていなかったのは、本当に大事にしたかったっていう思いがあったので。鍵盤も入れては吟味して、もう1回入れ直して、吟味して。っていうのをずっと繰り返して。 もう飽き飽きするぐらいにその作業をやって、時間がかかってしまったんですけど、その分今できることを全部詰め込めたなと思います。

― 他にここを聴いて欲しい!というポイントがあれば教えてください。

新しい要素を楽しんでほしいし、僕はサビが気に入っているので、サビを聴いてほしいですね。鍵盤と自分のコーラスワークがものすごく重厚になっているので。最初で諦めないで、サビまで聴いて欲しいです(笑)

─ 最後に今後の目標、挑戦したいことなどありましたら聞かせてください!

さいたまスーパーアリーナに立ちたいです!ライブしたら超気持ちよさそう、すごい景色だろうなって思うので。まずは今回の「マジックアワー」を皮切りに、今までのスタイルから更に色々な可能性を広げていきたいです。音楽的な挑戦もどんどん取り入れて、これやったら面白いかな、かっこいいな、っていう事を隔てなく色々やっていきたいなと思います!


2024.06.05 Release
かりんちょ落書き Digital Single
『マジックアワー』