このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

SPECIAL

Prev »

sumika interview

sumika interview

Date:2019.03.02

sumikaからまたとんでもない音源が届いた。一体このバンドはどこに最高地点があるのだろうか。メンバーだけで始まった小さな住処から放たれた音楽はどんどん拡大しているが、どこまでいくのか全く想像がつかないスケール感がある。良い意味でなんでもアリ。『Chime』という作品でさらにそのスケールが大きくなるのは間違いないだろう。そんな今作を紐解くロングインタビュー
JiLL-Decoy association interview
9作目となるフルアルバム『ジルデコ9』のサブタイトルは “GENERATE THE TIMES”。 先人が築いた社会や音楽シーンを受け継ぎながら活動する一方で、下の世代へ伝えていく立場にも立ち始めて感じるリアリティーを、楽曲と歌詞に詰め込んだ作品だという。 JAZZトリオからスタートしたキャリアはこれまでに、まずはジャンルの垣根を飛び越えて、音楽で繋いだ時間と出会いを重ねて体積したみんなの想いの集合体みたいな熱量をバンド...
Czecho No Republic 武井優心 × SALTY’s 塩澤 スペシャル対談
塩澤:こうやって真面目な感じで対談するのは緊張しますね笑。 武井:たしかに笑。飲みながらとかでやればよかったね。 ―一応今回は真面目にいきましょう笑。今回のイベント非常に面白いと感じましたが、なぜこの2組が!?という疑問も同時に生まれました。まずはお二人の出会いから伺いたいです。 武井:2年前くらいに飲み会に呼ばれていったらいたって感じですね笑 塩澤:僕も別の人からその飲み会に呼ばれて。そこで...
DROP DOLL interview

DROP DOLL interview

Date:2019.03.02

現役女子高生バンド「DROP DOLL」のニューシングル「シークレットボイス」が届いた。今作は自身も出演する全国公開の映画「JK☆ROCK」の主題歌にもなっている。リアルな女子高生の思う心の声を聞かせてもらいました。
sleepyhead interview

sleepyhead interview

Date:2019.03.02

眠りから覚めない。そんなキーワードを全面に押し出したsleepyheadの3D音楽表現の第二弾完成!
名古屋ギター女子部 interview
“名古屋ギター女子部”変わった名前のアーティストだが、非常に面白いボーカル&アコースティックギターユニットが誕生した。これから話題になっていきそうな予感満載。要チェックですよ。
マカロニえんぴつ interview
新譜をリリースするたびにこのバンドの底知れない才能に魅了されてしまう。マカロニえんぴつから目が離せないし離すべきじゃないと、肌で感じるアーティスティックなミニアルバム「LiKE」リリース!「ユーモアの足並みが揃って来た」と語る今だからこそ、幅広くいろんなジャンルに手を広げた要素を見事に凝縮できた圧倒的な1枚だと思う。 —“◯◯っぽい”という意味合いの「like」が、“好き”の「like」へ。そして最後は「love」へ。—
ましのみ interview

ましのみ interview

Date:2019.02.03

天才。そう呼ぶ以外に彼女を表現できる方法はあるのだろうか。今作でましのみというアーティストの底知れぬ才能をまざまざと見せつけられた。極上のエンターテインメントショウを体感したような感覚になる1枚。ましのみの世界引き込まれちゃってください。
SAKANAMON interview

SAKANAMON interview

Date:2019.02.03

10周年ツアーを大成功に収めたSAKANAMONの2019年最初のリリースはなんと3ヶ月連続配信Singleリリース。「インプットが広がっている時期」と語る彼らが敢えてこの選択肢を選んだ理由はなんでしょうか。今年もまだまだ攻めの姿勢SAKANAMONの2019年に迫ります。
Nulbarich interview

Nulbarich interview

Date:2019.02.03

大衆性とは別の起源を持つレベルミュージックを背景に持ちながらも、僅か2年で武道館ワンマンSOLD OUTまで到達した稀代のグルーヴィスタNulbarich。 ブラックミュージックを今の時代を活きる日本人の解釈でアウトプットする独自路線を辿るアーティストの中でも、一際Chillで生音にフォーカスした心地よいサウンドは最新作「Blank Envelope」でもしっかり継承されているが、特筆すべきは、細胞が拒絶を起こさないギリギリのライ...
ЯeaL interview

ЯeaL interview

Date:2019.02.03

ЯeaLが強力な武器を手にさらなる一歩を踏み出す。シングル作品としての完成度としては間違いなく過去最高。こんな1枚を作れるということはバンドとしての成熟度が高まっているからであろう。こんな良作を生み出す彼女たちには今年も期待せざるを得ない。
ポタリ interview

ポタリ interview

Date:2019.02.03

―今回もまた独特なジャケ写ですね。ジャケ写の裏テーマで前作が浦島太郎、前々作が桃太郎。これは鶴の恩返しですか? なつ(Vo、写真左下):その通りです。 ―そこはなんとなくわかったんですが折り鶴とロールケーキというすごい組み合わせだなぁと。 えみ(Gt、写真左上):今回のジャケ写は茄子川がめっちゃこだわってたよね。 茄子川(Dr、右下):鶴の恩返しで機を織るじゃないですか。それがロールケーキの生地...
Brian the Sun interview

Brian the Sun interview

Date:2019.01.01

昨年の頭、メジャー2ndアルバム『the Sun』をリリース。全国20ヶ所をツアーして回り、バンドとして、さらに強力になったBrian the Sun。10月にはTVアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」のオープニングテーマ曲『Lonely Go!』を発表し、1月9日には同作品が4枚目のシングルとしてリリースされる。アーティストとしてロックを鳴らしていくこととは何か。現代において、どのようなロックバンドでいるのか。本インタビ...
UNIDOTS interview

UNIDOTS interview

Date:2019.01.01

shibuya eggmanのライブ現場から、注目アーティストをピックアップして紹介するコーナー「PICKS!」。 第二回となる本号では、透明度の高いサウンドと芯の通った歌声で独創的な世界観をつくる「UNIDOTS(ユニドッツ)」をご紹介! 音源未発表にも関わらず、開催したワンマンライブ、2018年、四季にこだわり4回行った2manシリーズライブの全てがSOLD OUTという異例のライブ注目度を誇る彼女等に、独自の活動スタイルを通して見て...
vivid undress interview

vivid undress interview

Date:2019.01.01

vivid undressの新作“赤裸々”は非常にレベルの高い良作だ。元々持ち合わせていたバンドのポテンシャルが最大級に引き出せている印象で、更なる高みに上っていくんだろうなという次への期待も抱かせてもらえた。今vivid undressはどんなモードなのだろうか。ボーカルkiila、キーボードrioに話を聞いた。
LASTGASP interview

LASTGASP interview

Date:2019.01.01

約2年ぶりとなる全国流通盤フルアルバム「PLAYER」をリリースするLASTGASP。バンド結成から”10年”様々な経験を得た末に再確認することができた「音楽を楽しむ」ということ。そこにまっすぐに向き合うことのできた新しいLASTGASPの新作への思いを話してもらいました。
日乃まそら interview

日乃まそら interview

Date:2018.12.31

今作でまた着実な一歩を踏み出した。ハイペースなリリース、ライブ活動を重ねていく中でしっかりと成長を示している彼女。1月のレコ発イベントは名古屋でも開催、5月には2会場サーキットイベントを開催するなどさらに加速度を増す彼女の今後に期待大。
トライシグナル interview
―3月からライブ活動を始めてついにファーストアルバムですね。リリースを控えての今のお気持ちを教えてください。 岡本真依(以下…真依):レコーディングに関してはアイドル時代は曲を歌うことだけに集中していましたが、今回に関しては楽器の音とかバランスとかいろいろ試行錯誤をして、より深く音源制作に携わったので、自分たちでこの音源を生み出したんだという感覚がすごく強いです。早く聴いてほしい! 奥村真友里(...
Meik interview

Meik interview

Date:2018.12.04

shibuya eggmanのライブ現場から、注目アーティストをピックアップして紹介するコーナー「PICKS!」が今号から不定期でスタート! 記念すべき第一回は、新世代クラブカルチャーのセンスでディスコサウンドを先端ミュージックに変貌させたオリジナルな楽曲に乗せて、年齢からは想像できない程パワフルな歌とダンスを披露する現役高校生シンガー、「Meik」にフォーカスします!
緑黄色社会 interview

緑黄色社会 interview

Date:2018.12.02

5月から廻った東名阪ツアーでは全公演SOLD OUTで各地を沸かし、緑黄色夜祭 vol.8 恵比寿LIQUID ROOM公演も大盛況に終えたニューエイジPOPアイコン、緑黄色社会の最新作『溢れた水の行方』は、小説『きみに届け。はじまりの歌』とのコラボ曲として、作中に登場する詞として書き起こしたという楽曲「リトルシンガー」、リード曲の「あのころ見た光」など、不安と希望を一緒に抱えて前に進むバンド自体のメッセージソングのような...