このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Another Story interview

Another Story interview

Date:2017.12.02

「シーンから消えかけた」と本人が語るほど、沈黙を続けていたAnother Storyが2018年を目前に、最高の1枚をリリース! これまでの集大成と、ミライの新しい形を提示する、「全員が同じラインに立てる」フルアルバム!
LOCAL CONNECT interview

LOCAL CONNECT interview

Date:2017.12.01

自身初となるTSUTAYA O-WESTでのワンマンライブや数々のイベントを経て、確実にその存在感を各所に示してきたLOCAL CONNECT。注目すべきはそのライブ力だけではなく、楽曲とその完成度! 誠実に音楽や、目の前にある至情に向き合う彼らだからこそ出来る音楽が間違いなくここにあって、誰もが持っている普遍的な心情にぐっとささってくる、そんないい音楽ここにあります。
MAN WITH A MISSION interview
アップデートして世界で生き続けるロックミュージック   北アメリカツアーから帰国直後のMAN WITH A MISSION、初の両A面シングルとなる最新作は、今話題のノイタミナアニメ『いぬやしき』、映画『覆面系ノイズ』テーマソングを含む計4曲を収録。 日本のエンタテインメントの渦中に今回も触れながら、ワールドワイドに活動する中で、今の日本のミュージシャンの視点で切り取る、世界基準の音楽をずっと見つめ続けている彼...
CIVILIAN interview

CIVILIAN interview

Date:2017.11.01

いつの時代もどこにでにもあるフラストレーションが環境によって少しずつ構造を変え、今、からだと心に蓄積されやすいものになって我々を苦しめるのと同時に、時代の表現者の発するメッセージも少しづつかたちを変える。 この地球上全土に広がる各国、各地、各コミュニティーにある音楽、また昔の音楽と現代の音楽を見渡せば、フィジカルでストレートな生活スタイルをとる人たちが持っている文化の中において音楽はとてもハッ...
Amelie interview

Amelie interview

Date:2017.11.01

Amelieから1st Full Single『ステップ×ステップ』が届いた。 その形態の名前通りこれはフルボリュームでのシングルで、Amelieというバンドの楽曲制作センスは底が知れないというのを改めて実感するには十二分な存在感を示している。 そんなAmelieのメインコンポーザーであるmick(Vo,Gt)と直人(Gt,Cho)に話を聞いた。
THE CHARM PARK interview

THE CHARM PARK interview

Date:2017.11.01

曲作り、歌、アレンジからミックスまでを一人で行う今最も注目されているシンガーソングライター「THE CHARM PARK」。 そんな彼が「オーガニックな音」と表現する、自由度が高く常識に縛られない音楽を詰めた1st Full Albumが届いた。
ドラマストア interview
新世代のポップミュージックとして、今の時代を切り取る確かな感覚で今注目される関西発正統派ポップバンド “ドラマストア”。 バンド名がそのまま形容されたような若者の等身大の気持ちを描いた楽曲が支持され、近年では数々のサーキットイベントなどに出演を果たし、ミニアルバムのリリースを重ねてきた中、今回発表された『ラストダイアリー』。 中でも表題曲の「ラストダイアリー」は、バンドのネクストステップでの活躍の...
A Barking Dog Never Bites interview
東京都内のみならず今や全国でバンドマンをも魅了するバンド『A Barking Dog Never Bites』。渾身の1枚となる今作は、本当の意味で音楽のジャンルを凌駕していて、彼等の信念がそのまま具現化されたような作品。 そんな革新的な1枚について語ってもらいました。
kee interview

kee interview

Date:2017.11.01

神戸出身シンガーソングライターのkeeが1stミニアルバムをリリース!ということでリリース記念インタビューを行いました。これからどんどん話題になりそうな予感満載です。
CODE OF ZERO interview

CODE OF ZERO interview

Date:2017.11.01

本誌初登場! 新世代女性ボーカルロックの筆頭株CODE OF ZERO の2nd Singleがリリースされる。 圧倒的なクオリティのその音楽は必聴!
パスピエ interview

パスピエ interview

Date:2017.10.01

ドラマー脱退後、現体制での初音源となる今作『OTONARIさん』は、これまでに海外版や映像作品、デジタルシングル等を含め、計25作品をリリースしてきた彼らにとっては、安定した制作工程からひとつ抜け出して挑む作品となったが、制作過程での新しい試みや、サポートミュージシャンとの新たな波長等、ひとつひとつ、現状のバンドの状態を捉えて正しく導く為の正確な一手を重ねて、今この4人でやるべき音楽を新たに切り開いた作...
東京カランコロン interview
2017年に「東京再起動」プロジェクトをスタートさせた東京カランコロン。 その完遂作となる、TALTO移籍後初のフルアルバム「東京カランコロン01」がリリースされる。東京カランコロンが目指すツインボーカルとしての理想や完成系とは。今回のツアーの本当の意味でのゴールとは。 1年9ヶ月ぶりとなる今作への想いを語ってもらいました。
ISEKI interview

ISEKI interview

Date:2017.10.01

この先10年、20年の自分のベーシック   ソロデビュー作としてカバーアルバム3作連続リリースを発表、2作目となる『AOR FLAVA -sweet blue-』が夏の終わりにリリースされ、早くも今月には3作目を控えるシンガー・ソングライターISEKI。 キマグレン活動後の再スタートは、ソロシンガーとしての最初のスタートだ。 ルーツを辿って自分のベーシックを改めて構築する為の活動として選んだAORソングのカバーシリーズは、リスナ...
吉澤嘉代子 interview

吉澤嘉代子 interview

Date:2017.10.01

吉澤嘉代子の新作「残ってる」は非常に秀逸な作品だと思う。歌声、アレンジなど含めて柔らかでありながらも強い感情も見え隠れして、なんとも言えない独特の世界観を作り上げている。未来を見据えて制作を進める彼女の今後がさらに楽しみになった。
Emerald interview

Emerald interview

Date:2017.10.01

このバンドの美しいアンサンブルを、いびつなもので覆わない   楽曲はどこまでも音楽的で気高く、それに乗るメッセージには人間的で嘘のないやさしさが宿る。 Emeraldの創り出す音楽には、産業音楽大国のここ日本で今も尚、自身の音楽をアップデートする事にこだわり続ける希望を具現化したような透明感がある。 ネオソウルやジャズ等のブラックミュージックだけでなく、メンバー5人のこれまで生きてきた中でくぐってき...
No.528 interview

No.528 interview

Date:2017.10.01

ボーカルMIDの類まれなるソングライティング力を生かしたポップスセンス溢れるカラフルな楽曲と観るものすべてを笑顔にするようなハッピーなライブパフォーマンスを武器にライブハウスシーンを沸かせているNo.528。初の全国流通作品のリリースが決まったということでそれを記念しての初のインタビュー。
BabySitter interview

BabySitter interview

Date:2017.10.01

今年6月、名古屋・栄のライヴサーキットSAKAE SP-RINGに初出演で入場規制、10/15(日)にはeggmanにて東京でのレコ発自主企画ライヴ開催など、今話題になっている平均年齢19歳・名古屋のガールズバンド、BabySitterがeggmanフリーペーパーに初登場。
Quintet Queen Quest interview
渋谷を中心にライブ活動を続けるQuintet Queen Quest。初のCD発売、そして初のワンマンが決定し、バンドとして新たな一歩を踏み出した。そんな彼女たちの今を切り取ったバンド史上初のインタビュー。
Czecho No Republic ✕ SKY-HI interview
まさかのタッグにして、さまざまなタイミングが引き寄せた邂逅と言っていいだろう。Czecho No Republic ✕ SKY-HIのコライトシングル「タイムトラベリング」がリリースされる。まず、チェコが他アーティストと楽曲を共作し共鳴すること自体も新鮮だが、その相手が現行の日本音楽シーンにおいて誰よりもマスとコアの両方に向けて攻め続け、その結果として右肩上がりに求心力=プロップスを高めているSKY-HIなのだから刺激的だ。性...
SUPER BEAVER interview

SUPER BEAVER interview

Date:2017.09.02

SUPER BEAVERから新作『真ん中のこと』が届いた。率直に言ってこのタイトルの作品を発売できるバンドは世の中にそうそういないと思う。でもこれこそがSUPER BEAVERというバンドの強さであり、今たくさんのリスナーに支持されている所以だと思う。それは今回のインタビューを通じても改めて感じた。彼らは純粋に“カッコいい”と。