このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

井上苑子 interview

井上苑子 interview

Date:2016.07.01

10代を中心に大ブレイク中の井上苑子がニューシングル『ナツコイ』をリリース! 高校を卒業し、新たな一歩を踏み出した彼女の今を切り取ったインタビュー。
SUPER BEAVER interview

SUPER BEAVER interview

Date:2016.06.01

思い通じて湧く笑顔や報われて流す涙、賛同して荒げる声なんかをライブで幾度となく見る度に、この2016年日本音楽シーンの中で、片手で数える程の稀有な存在に成っていっていると、心を震わせている。 10周年記念のシングル3作品連続リリースに、締めくくりで開催したバンド史上最大規模のZepp DiverCityワンマンライブのSOLD OUT。 しみじみアニバーサリーを噛み締める気なんて更々なし、苦楽多難経験しても喜びや楽しさが勝...
Anly interview

Anly interview

Date:2016.06.01

沖縄本島から北西へ9kmにある離島、伊江島。エメラルドグリーンの海に囲まれた島が生んだシンガーソングライターAnlyが6月15日に3rdシングル『EMERGENCY』をリリースする。タイトル曲『EMERGENCY』は、夫婦間の愛憎を描き今、世間で話題のカンテレ・フジテレビ系ドラマ「僕のヤバイ妻」のオープニングテーマとして書き下ろされた曲だ。19歳のAnlyが生み出したのは、既存のイメージを覆すようなパワフルでハードなロックソング。...
the quiet room interview

the quiet room interview

Date:2016.06.01

瞬く間に店頭から姿を消した、 数量限定シングル「Instant Girl」を経て完成した、 Mini Album《Jubilee》 “生きる喜び”をあなたと共に。
ReN interview

ReN interview

Date:2016.06.01

特殊なバックグラウンドを持ちながらも、今の世代の心にすっと沁み込む感性と感情。 それを「音楽」に詰め込み、「音楽」で代弁し、「音楽」で照らす今作「Lights」リリース! ReNの渾身の一作目について語ってもらいました。
ALLaNHiLLZ interview

ALLaNHiLLZ interview

Date:2016.06.01

ALLaNHiLLZから新作「CoCoRo」が届いた。ずっと彼らを見てきているが、彼ららしさは残しつつ、新しいテイスト満載で新境地開拓と言えるような1枚になっている。双子の兄井出匠に今作について語ってもらったインタビュー。
Czecho No Republic interview
ニューシングルで人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズ最新作「ドラゴンボール超」の主題歌を担当、7月にはバンド史上最大規模となる新木場STUDIO COASTでの主催ライブ「ドリームシャワー 2016」の開催を発表する等、去年の日比谷野外大音楽堂ワンマンSOLD OUTや、COUNTDOWN JAPAN 15/16、GALAXY STAGEのカウントダウンライブ成功に続いて、バンドの注目度を形容するような熱量あるニュースが続くCzecho No Republic。 自分ら...
sumika interview

sumika interview

Date:2016.05.01

両A面シングル、”Lovers / 「伝言歌」”がオリコンウィークリーチャート15位を獲得するなど今、勢いに乗っているsumikaから早くもミニアルバム”アンサーパレード”が届いた。『Lovers』で表現された多幸感や愛情はそのままに、7種7様と言えるような振れ幅を見せた今作は、傑作以外のなにものでもない。Vo,Gtを務める片岡健太の言葉を借りるが、「今のsumikaは無敵状態」であることは間違いない。リリース...
ラックライフ interview
「バンドって結局は人と人だと思うんです。」 10年以上のバンドキャリアがあるとはいえ、簡単に口には出来ない重みのあるこの言葉を、とても自然に話してくれたVo&GtのPON。 人と心で向き合い続け、人の支えになる為の音楽を作り続けてきた彼等の心は10年前と変わらない。そんな心だから説得力のある言葉になる。 今年、待望のメジャーデビューを果たすラックライフ。 今作に対する想い、そしてこれから描いていく未来を語...
ハッカドロップス interview
面白い新人が現れた。その名は”ハッカドロップス” 新鮮だけど懐かしい、懐かしいけど新鮮。絶妙なニュアンスの楽曲に力強い芯のある歌声にすごく不思議な気持ちになりつつも惹き込まれる。 これから注目を集めていくであろう彼女にロングインタビューを慣行!4/15に○○○にて行われたライブレポも写真と共にお送ります。
SONG ORDER interview

SONG ORDER interview

Date:2016.05.01

2015年プロジェクトを終えたSONG ORDERが久しぶりに単独でのリリースが決定! 人の背中を押しながら優しく包み込む彼等の渾身の一枚が間もなくリリース!
Anly interview

Anly interview

Date:2016.04.01

沖縄は伊江島出身、シンガーソングライターAnly。 実力を認められmiwaの沖縄ライブでのオープニングアクトに大抜擢されて以来、英国の人気歌手ガブリエル・アプリンとのコラボ、テレビドラマ「サイレーン」の主題歌担当などを経てたちまち時の人となった19歳の歌姫が、インターネット社会とは無縁の離島環境で生まれ育って身につけたのは、環境の変化や情報の速度に翻弄されず伸びやかに、自分の歩幅で進む生き方を描く歌。 ...
Chelsy interview

Chelsy interview

Date:2016.04.01

Chelsyから2014年の1stミニアルバムの発売以来、久々のミニアルバム発売の知らせが届いた。ビジュアルも含めてバンドとしての成長著しい彼女たち。デビュー前から出演しているライブハウスであり、デビュー以来リリース毎にインタビューを掲載しているeggmanだからこそ録ることができたインタビューは必見!
がんばれ!Victory interview
絶対生音主義バンドル”がんばれ!Victory”がついにメジャーファーストアルバムをリリース!「十代発表」というタイトル通り彼女たちの今までの軌跡と成長を感じることができる1枚に仕上がっている。普段出演しているeggmanのフリーペーパーだからこそのインタビューは必見。
Qaijff interview

Qaijff interview

Date:2016.04.01

“別れだったりいろいろな経験をしてきた中で、それさえも全部含めて 素晴らしいじゃないか人生は という気持ち”(森彩乃) 昨年のElectric Lady Landでのワンマンを経て、何倍も大きく強く、そして深みのある音を体現する”Qaijff”の最新作『Life is Wonderful』がついにリリース。 “未完成”が故に感じる”後悔”を圧倒的な期待感に変換し、 今の”Qaijff”の多様性と...
GINNEZ interview

GINNEZ interview

Date:2016.04.01

北海道帯広出身の4人組ロックバンド”GINNEZ”。 初の全国リリースにして、収録する全楽曲のMVを公開するという攻めた展開で音楽シーンを騒がせている彼ら。 彼らの心情をその時の風景と共にリアルに純度高く詰め込まれている今作は、聴く人の今とも確実にリンクしていく。 『You are You』という一枚は彼らの人生を見ているようで、僕はこの先の彼らの人生をもっと感じたいと強く思うインタビュー。 インタビューの...
ココニカカル selflinernotes
1月にシングルをリリースしたばかりのココニカカルが、また新しい一面を覗かせたニューシングルをリリース。 今回も、語りこぼすことのないように、セルフライナーノーツでの掲載!
SUPER BEAVER interview

SUPER BEAVER interview

Date:2016.03.01

音楽歴史、演奏の匠に舌鼓を打つ時代終了。 楽器や歌の演奏能力で感動を生む娯楽は一旦頂点まで突き詰められて珍しいものでもなくなった今、音楽として求心力を持つものって何だ? 難しい事一切ナシで感動したり、楽しめるもの、時代や土地が違っても変わらず多くの人のこころを動かすのは、同じく人のこころが乗っかった音楽だ。 音楽のオリジナリティー、音で生み出せるものには限界がある。 ただ当事者本人の人間性とか...
たんこぶちん interview
たんこぶちん10代完結盤となる『TANCOBUCHIN vol.4』が2/10にリリースされた。 “面白いバンドになってきた。”というのが今作を聴いた私の率直な感想である。 様々な挑戦が詰まった今作からは彼女たちの大きな成長を感じずにはいられない。ここからのたんこぶちんはどんな成長曲線を描くのだろうか。 自身最大規模の渋谷CLUB QUATTROを直前に控えた彼女たちに話を伺った。
sumika interview

sumika interview

Date:2016.03.01

sumikaふっかつ。そして音源リリース。 活動休止を経て帰ってきたsumikaの音源はまさに最強だった。今年が始まってまだ2ヶ月ほどだが、今年最高の作品と言えるぐらいの衝撃。この2曲の作詞作曲を担当したVo&Gtを務める片岡健太は今なにを考え、今なにを発信しようとしているのか。 休止から現在に至るまでを綴ったロングインタビュー。